Coffee Jelly & Cherries

最終更新: 2018年9月16日


コーヒーゼリーとさくらんぼの季節



コーヒーゼリーは日本ではたくさんの人が好きなデザートです。皆さんの暮らすところではどうだろう。アイスコーヒーやコーヒーを使ったデザートはありますか?


Coffee jelly is a favorite dessert of many people in Japan! How about where you live? Is iced coffee popular? Do you make coffee based desserts?


日本では、アイスコーヒーは、日本が西洋文化に大きな影響を受け始めた明治時代(明治時代は1868-1912年)から、コーヒーゼリーは戦後の経済成長率が高かった頃から(1968年に長野県軽井沢町の喫茶店で生まれたそう)今では多くの人に馴染みのあるデザートになっています。


In Japan, iced coffee and coffee jelly have long been popular treats. Iced coffee was introduced in the Meiji period (1868-1912) - a time when Japan started to be influenced in lots of ways by the West. Coffee jelly was invented later during the post war economic boom (it's said to have first been served in a cafe in Nagano in 1968.)

コーヒーゼリーというのは、濃く淹れたコーヒーをゼリーにしたもので、ゼリーを冷やして固めてからシロップやクリームを乗せて食べます。わたしはそこにアイスクリームを乗せるのが好きです。


To make coffee jelly you dissolve strong coffee in gelatine or agar, then chill and serve topped with syrup and cream. I also like to top mine with ice cream!

では、わたしがスイスで日本のことを思い出しながら作るコーヒーゼリーのレシピを書きますね!ここに書いた材料を参考に、みなさんが暮らすところで手に入る美味しい食材でアレンジしてみてください。または、スイスに来た時に作ってみてください。


So, today I'd like to write the recipe for my coffee jelly - a treat I can even make in Switzerland that reminds me of home. Take a look at the ingredients I've listed, but feel free to switch in anything you can easily find where you live! (Or wait to make it with me when you come to visit Switzerland!)

Tomoka's Coffee Jelly Recipe


【材料と道具】カクテルグラス4つ分

・深煎りのコーヒー豆  40g

ペーパードリップ用に挽いたもの、わたしはメキシコ産のコーヒー豆を使いました.

450ml抽出 、マグカップ2杯分 淹れる.


・デーツシロップ 大さじ2~3

デーツはナツメヤシの実のこと. 干し柿のような味で鉄分も豊富.

なければ、好きな甘味のものでOK!砂糖でも蜂蜜でも.


・アガー 8g

ゼリーにするための凝固剤


・ドリップカップとドリップペーパー

・料理用温度計


You will need: 4 cocktail or wine glasses ・40g coffee beans (dark roast) I used Mexican ground coffee and a drip filter ・450ml water (2 mugfuls)

・Date syrup (2-3 tablespoons) or whatever sweetener you prefer - sugar or honey, for example!

If you're not familiar with dates, they're the dried fruit of the date palm tree (super tasty and high in iron!)

・Agar 8g - used to solidify the jelly

・A drip filter and paper

・A cooking thermometer


 [飾り用]

To decorate



・グリュイエールのダブルクリーム

スイスのグリュイエールの名産品. 脂肪分がとても高いからダブル、つまり2倍のクリームと言われています、 脂肪分45 %. とっても美味しい!


・バニラアイスクリーム

・さくらんぼ 旬のくだものなら何でもOK


I used double cream from Gruyere

Double cream has twice the fat content of regular cream (45% or so) and is incredibly delicious!

・Vanilla ice cream

・Cherries (or whatever seasonal fruit you prefer!)


【作り方】

Method

coffee filter holder and vase : Senkoubou

1. コーヒーはドリップでゆっくりと、濃いめに淹れてください。感覚としては、いつものドリップコーヒーの1.5倍の濃さ。


ペーパーフィルターを使うことで透明感のあるコーヒーを淹れることが出来るので、コーヒーゼリーを作るにはぴったり。


美味しく淹れるコツは、お湯は一度沸騰させてから85℃に下げた湯でゆっくりと淹れること。


1.

You can brew a very strong coffee (around 1.5 times as strong as regular filter coffee) if you add water very slowly to the filter.

The pour over method (using a drip filter) is perfect for making the coffee for this recipe precisely because you can control the strength of the brew like this.

I've also found that if you use water you've boiled, then cooled to around 85℃, the coffee will be particularly delicious!


2. 鍋に移して、デーツシロップ(つまり甘み)を加える。


凝固剤のアガーは90℃以上で溶ます。アガーを入れてから必ずその温度へ達するようにしてください。少々ダマになりやすいのでよく混ぜながら、でも、あまり煮詰め過ぎるとコーヒーの大切な香りは飛んでしまうので、素早く!


アガーについては聞いたことがありますか?


海藻やマメ科の植物から抽出された凝固剤で、舌触りはゼラチンよりはやや固く、寒天よりはとてもなめらかな舌触りを作ってくれる凝固剤です。ヴィーガンのためのゼリー作りに最近はよく使われています。


寒天は、日本以外ではわたしはまだ見たことはありませんが、これは日本に多く生息する海藻から取られたものです。舌に乗せると溶ける感触というよりは、歯ごたえがある感じです。日本では昔からよく食べられています。


扱い方はそれぞれ違いますが、それを考慮に入れればどのようなものを使っても作ることができます。わたしはアガーのことを知ってから、これがコーヒーゼリーを作るには一番簡単に作ることができるかなぁと思っています。


2. Pour your coffee into a pan and add the date syrup (or your chosen sweetener).

Agar dissolves at 90℃ and above. Make sure your water gets this hot when you put the agar in. Stir the water well, to help the jelly form little balls, but be quick - if you boil the mixture for too long, that all-important coffee flavour will weaken.

By the way, have you heard of agar jelly before?

It's a plant based gelling agent extracted from seaweed or beans. The texture is a little firmer than gelatine, but it's a lot smoother than Japanese kanten jelly. It's recently become popular for making vegan jellies.

Kanten is a traditional seaweed based gelling agent we use a lot in Japan. I've never seen it used anywhere outside Japan though. Rather than melting on the tongue, kanten has a chewier texture. It's been eaten in Japan for centuries.

You can use a different gelling agent to agar if you prefer - just take care to follow its specific preparation method. I've personally found that agar is the easiest to use in this recipe.

The melting and hardening temperatures will be different depending on the ingredient you use, so take care to keep an eye on those using the thermometer.


溶ける温度や固まる温度は、それぞれ違うので 温度計できちんと測ると美味しいゼリーになりますよ。


The melting and hardening temperatures will be different depending on the ingredient you use, so take care to keep an eye on those using the thermometer.


3. アガーが溶け切ったら、鍋から外して、カップへ入れます。


粗熱が取れたら冷蔵庫へ。

1時間程で固まりますが、様子を見ながら冷蔵庫から出して下さい。


食べる直前に、クリーム(グリュイエールのダブルクリームの場合、やや硬いので少し牛乳で伸ばしています)やアイスクリーム、さくらんぼ等のくだものを飾ってくださいね。


3.

Once the agar has completely dissolved, pour the mixture from the pan into the glasses. Let these cool a little, then transfer them to the fridge.

The jelly should harden in around an hour, but you should be able to check whether it's ready just by looking.

Top your jelly with fruit and cream (I added a little milk to my Gruyere double cream, as it was so thick!) or ice cream, then serve immediately.


さくらんぼの話

Let's chat about cherries


日本で食べられるさくらんぼとヨーロッパのさくらんぼは味が違うと思います。それはさくらんぼだけの話ではなくて、あらゆる野菜やくだもの、水もそうです。美味しいものに変わりはないけど、味が違うのです。


慣れない土地で料理をする時に、最初は戸惑う時がありますが、次第にそれぞれの良さを見つけた時は新しいレシピを思い付くことができるので、それは料理を楽しむ人にとっての醍醐味ですね。


The cherries we eat in Japan taste quite different to the cherries you normally buy in Europe. In fact, I've found that various fruits, vegetables - and even water - have a slightly different taste here. They're still delicious, but in a different way.

You might feel a little lost when you first start to cook in a place you're not used to, but gradually you'll start to discover all the lovely new things you can get there, and even start to dream of new recipes... What a sweet journey for those of us who love to cook!

6月初旬のレマン湖畔

日本のみんなへ

A note for my readers in Japan


つまり、ヨーロッパのさくらんぼは、佐藤錦やアメリカンチェリーとはまた違うのです。ヨーロッパのさくらんぼは、より肉厚でジューシーで香りが高いと思います。美味しく食べられる季節は、5月~7月頃。


それから、『さくらんぼの実る頃』といえば、『紅の豚』のジーナの歌うシャンソンですね。


フランス語と日本語の歌詞では、内容は大きくは変わらないと思うのですが、表現は全く違います。フランス語版の歌詞では、フランス語らしく恋の季節を象徴する鳥たちが出て来ます。この鳥のさえずりもまた、日本の鳥たちにはない鳴き声です。ナイチンゲール(サヨナキドリ)の声はとても美しく、マネツグミの声はお喋り好きな愛らしい声です。ヨーロッパへ来たら、是非このさくらんぼを食べて、この鳥たちのさえずりにも耳を澄ませてみてください。


European cherries seem to be different to Japanese sakuranbo and to American cherries.

They tend to be plumper, juicier and more fragrant - especially if eaten in season, between May and July.

Talking about "the time for cherries" makes me think of Gina's song from the Studio Ghibli film, Porco Rosso...

I don't think there's much difference in meaning between the French and Japanese lyrics of that song, but the atmosphere changes completely depending on the language. The French version speaks of nightingales - birds that conjure up the idea of the season of love (doesn't that feel very French?) Nightingales sing very sweetly - a birdsong we don't get to hear in Japan!

So, please do come to Europe - we can eat cherries, and catch the song of the nightingales!





ほろ苦いコーヒーの味と甘酸っぱいさくらんぼの味も、恋の味かな。

コーヒーゼリーも是非作ってみてね。


And in the balance of bitter coffee and tart cherries, we can find the bittersweet taste of love...

Let me know how your coffee jelly turns out!


62回の閲覧

SUBSCRIBE VIA EMAIL

  • Instagram

© 2020 by Pensées Tomoka's Cooking Travels